Sponsored Link


バックパッカーとボラカイ島(3) 24時間と時間というアート

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    1日は24時間。

     

    人生での合計は...。想像できません。

     

    ただ、合計の時間が分からなくても1日24時間は変わりません。

     

    人生の合計は1日の積み重ねだと思います。

     

    24時間をどのように使うかはその人次第。

     

    でも、とても重要なことです。そのことを認識することは、本当に大切なことだと思っています。

     

    バックパッカーとボラカイ島(1) 海賊の雰囲気と肩書に関連する記事です。

     

    バックパッカーとボラカイ島(2) 島と共に過ごす時間に関連する記事です。

     


    20代のバックパッカーの日記

     

     

    「空(カラ)」の中で呼吸し、考え、気がついた答えの整理をする。


    朝、目が覚めて起きると、始まるそんな24時間の使い方。

     


    島のBeach沿いのストリートを歩き、島のどこからか流れる音楽に体を揺らし、すれ違う子供の頭を軽く撫でる。


    煙草を吸い、海を眺め、海に潜り、島人になった気分で体の力を抜く。


    White sand beachに描かれるアートに心を奪われて、地球の自転で生まれる波に生きるリズムを調和させる。


    そして、また煙草を吸い、夜になれば夜のストリートをぶらつく。

     

    ボラカイのバックパッカーになっていく感覚。

     

    見上げた夜空は黒というカラーコードというよりは、月の光を乱反射し、青だった。


    聞こえるのは車や電車の走る音ではなく、波と虫の鳴き声、人々の笑う声。

     

    不意にある考え方が頭に浮かび、何故か、鳥肌が立つ。

     

    僕は人生において、行き先が決まっている電車に飛び乗っているのかもしれないという否定的な考え方。

     

    少しずつ、否定的な考え方を否定していく作業。そして、コテージのハンモックに寝転び、月を見る。

     

    人には1日24時間しかない。この24時間を如何にうまく使うかが今の僕には必要だ。

     

    そして、その24時間の使い方を更新し、継続することが必要だ。

     

     

    この瞬間、この場所で聞きたい音楽がたくさんある。


    読みたい本も、見たい映像もたくさんあって、語りたいエピソードや聞き入りたい言葉がある。

     

    24時間。たった24時間しか.....ない。

     

     


     

    30代のビジネスマンのコメント

     

     

    人生はカウントダウンという人がいます。


    生まれてから死ぬまでのカウントダウン。


    意味は安易に想像できますが、その核心に迫る経験を私はしていない。

     

    ただ、「人生はカウントダウン」は私にはネガティブなイメージです。


    何故なら、私もなんとなくそう思っていたからかもしれません。


    だから、Greatful deadを望んでいたのかもしれません。

     

     

    時間をうまく使う事。時間というアートの発見。

     

     

    私は日記を読んで、生きるとは瞬間の連続なんだと再確認しました。

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Sponsored Link

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM